在宅酸素療法の患者様、在宅NPPV療法の患者様の診療経験が多数あります。

肺の慢性疾患(たとえばCOPDや間質性肺炎、肺結核後遺症)の患者様は、徐々に病状が悪化して在宅酸素療法や在宅NPPV療法を導入することがあります。
これらの治療は患者教育と自己管理指導が重要です。
一般的には10日から2週間の教育入院が必須の治療であり、クリニックでは入院施設がありませんので福山市民病院や井原市立市民病院と連携して、しっかりと治療導入・教育を行います。。

同様に慢性呼吸不全に対する呼吸リハビリテーションの導入・維持も行います。
CPAP、NPPV治療機器、在宅酸素療法機器

コメントは受け付けていません。