井原市民病院での活動が「優秀演題」として表彰され、論文化されました。

2013年10月17日から18日の2日間、第52回全国自治体病院学会が開催されました。

私が非常勤医師として指導させていただいた井原市民病院の呼吸ケアチームが発表いたしました。

発表内容は、呼吸器専門医が不在の病院で呼吸ケアチームの立ち上げから成果まで1年間の活動をまとめたものです。

井原市民病院のスタッフは非常に精力的に活動され、在宅酸素療法導入パス、呼吸リハビリ導入パス、在宅NPPV導入パスなどを作成して診療に活かした結果、1年間で呼吸リハビリの単位数は約3倍、在宅酸素療法処方件数は1.5倍となり、その実績が評価されました。
「優秀演題」として表彰され、論文化されました。

コメントは受け付けていません。