開業の理念

当院は、内科クリニックとして地域医療に貢献することを目的に開設いたしました。

私はこれまでに喘息・アレルギー患者の診断と治療、COPD、間質性肺炎、肺結核後遺症、あるいはそういった疾病が進行した結果おこる慢性呼吸不全の患者様を多数、診断・治療・指導・教育してまいりました。

その経験を十分に生かせる診療を行うにはどうしたら良いのか検討した結果、当クリニックの開業が最も適していると判断した次第です。

以下に当院で提供したいと考えている診療内容について具体的にお示しします。

  1. 呼吸器疾患の診断と治療を的確に行います。
  2. 睡眠呼吸障害(睡眠時無呼吸症候群)の診断と治療を行います。
  3. 慢性呼吸不全患者に必要なケアや技術を広め、地域医療・訪問診療の医療水準の向上に寄与できるように努めます。
  4. 総合内科専門医として、プライマリケアを積極的に行います。
  5. クリニック内での感染リスクを最小限に減少させます。

呼吸器疾患の診療

日本呼吸器学会認定専門医ならびに日本アレルギー学会認定専門医、元日本呼吸ケアリハビリテーション学会評議員として急性上気道炎(かぜ)、肺炎はもとより、気管支喘息・花粉症を含むアレルギー疾患・肺気腫(COPD)・間質性肺炎・慢性呼吸不全の診断と治療について、質の高い医療を提供させていただきます。

気管支喘息・肺気腫(COPD)の患者様は、どちらも喘鳴と呼吸困難を認める疾患ですが、正しい診断がどちらなのか判断が難しく、治療方針決定に難渋することが多い疾患です。当院では専門的検査を導入し、確実な診断と治療を提供します。

肺がんが疑われる患者様は、当院の最新のCT装置にて診断いたします。胸部レントゲンでは指摘できない5mm程度の陰影が肺がんの可能性があるので、CTで経過観察すべきである、と日本呼吸器学会で推奨されています。

慢性呼吸不全患者様には、在宅酸素療法のみならず、在宅用非侵襲的陽圧補助換気療法(NPPV)にも積極的に取り組み、呼吸困難で苦しむ患者様の症状を改善し、QOLの向上、生きる意欲の高揚にも寄与したいと考えております。 また慢性呼吸不全患者診療に精通する呼吸器内科医は非常に少ない一方で、在宅医療の領域では呼吸不全患者のケアのニーズが非常に高い状況です。慢性呼吸不全患者が在宅で安心して過ごせるためには訪問診療が必要です。自ら診療するだけではなく、訪問診療スタッフに今まで得た専門知識やテクニックを積極的に提供し、在宅医療水準の向上に務める所存です。

睡眠呼吸障害・睡眠時無呼吸症候群・いびきは、従来の閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSAS)だけでなく、慢性心不全にも効率に合併しており(約50%)、今まで考えられていたよりもはるかに多くの患者様が潜在する疾病です。働き盛りに多いOSASは労働生産性を低下させ、社会問題となっています。

心不全に合併した睡眠呼吸障害は心不全患者の予後(生存率)を悪化させています。

●慢性呼吸不全や睡眠呼吸障害は、正確な診断は当然ですが、CPAP療法や在宅NPPV療法といった治療にも熟練した技術と経験をもつスタッフが必要です。当院での診断と治療をおすすめします。

肺炎・急性気管支炎については、肺炎治療ガイドラインに沿って正確に重症度を評価し、入院か外来治療かを的確に見極め、患者様の速やかな回復と治療負担を軽減させるように努力いたします。

インフルエンザ・結核など、他人への感染が懸念される疾患が疑われる場合は、患者様を陰圧室へ案内し、クリニック内での感染リスクを最小限にして診療いたしますので、安心して受診していただけます。

花粉症・通年性アレルギー鼻炎などのアレルギー疾患は、喘息に合併しやすい疾病として知られています。花粉症は発症時期になる前から予防的治療を行うことが重要であり、当院では積極的に治療させていただきます。

花粉症症状は喘息症状を悪化させる要因であり、積極的な治療がのぞまれます。とくに鼻アレルギーは成人で発症した喘息患者の約3割−4割に合併していると考えられており、喘息と鼻アレルギーの両者を意識した診療はアレルギー専門医が得意とするところです。

内科一般の診療

私は、呼吸器専門医を取得する以前に、腹部超音波診断、上下部消化器内視鏡診断、胃透視・大腸透視診断に従事、高血圧・糖尿病(インスリン治療導入)などの一般内科の診療技術を習得し、日本内科学会認定総合内科専門医を取得いたしました。

家庭医としての総合診療にも積極的に取組みたいと考えております。

●患者様が安心して相談し、治療を受けていただけるようにスタッフ一同心がけておりますので、体調不良を感じていらっしゃる患者様はどうぞ安心して来院ください。