クリニックにCTを完備していること

肺がんCT検診認定機構認定医師(http://www.ct-kensin-nintei.jp/purpose/index.html)であり、低放射線暴露での肺がん健診を実施します。
これにより胸部レントゲンでは発見困難な初期病変を検出します。
間質性肺炎という疾患の診断には胸部CT診断が必須です。
睡眠時無呼吸症候群のCPAP治療には、鼻・咽頭疾患が障害となることがあり、CTにて器質的疾患をスクリーニングします。
胸部CT

コメントは受け付けていません。