広島県病院薬剤師会東支部研修会にて、講演しました。

2017年6月22日木曜日に
広島県病院薬剤師会東支部研修会 於広島県民文化センター福山
にて、講演しました。
広島県病院薬剤師会東支部研修会にて、「患者の個別性を考慮した
喘息治療薬の選択とその服薬指導について」というタイトルで講演いたしました。
講演内容の要旨は以下のとおりです。

  • 気管支喘息の診断と治療
  • 診断時の検査を服薬指導に活かす
  • 期待される治療効果が得られない場合の服薬指導のポイント
  • 当クリニックで経験した吸入指導のピットフォール
  • 病院薬剤師として今後避けて通れない喘息病態の理解
    ー獲得免疫系と自然免疫系
  • 分子標的治療薬について
  • 第66回日本アレルギー学会のミニシンポジウムでの発表内容の紹介
  • 気管支サーモプラスティと分子標的治療薬の比較

などです。

90名を超える病院薬剤師の方々が聴講してくださり、熱心にメモをとって頂いていました。ありがとうござました。ありがとうござました。


左:一般講演演者 興生総合病院薬剤部 万徳真子先生
右:座長の日本鋼管福山病院薬剤科長 玉井功先生

 

講演後に質問をしてくださった興生総合病院薬剤部 今井圭介先生

コメントは受け付けていません。