伊勢丘内科クリニックでは接触・飛沫感染対策および環境整備について以下のことを実施しております。

  • 入室人数制限 および 患者様の検温
    院内待合には10人未満、それ以上は車など院外で待機、順次お呼び出し。
  • 感染対策室の運用
    咳・発熱・風邪症状・検温にて体温上昇判明、あるいは流行地域からの帰福、の患者様は専用の感染対策室にて対応。
  • 院内のあちこちに手指消毒剤を配置
  • 患者様お一人診察毎に
    医師と看護師は手洗い、あるいは手指消毒
    診察室内ドアノブ、椅子、机、廊下側のドアノブ、診察ベッド等を殺菌剤で清拭
    聴診器は2台使用し、交互に消毒
  • スタッフは医療用マスク、およびゴーグルあるいはフェイスシールド着用
  • 診察医師はフェイスシールドと医療用マスク着用、診察中も頻繁に手指消毒
  • 待合室の座席、カウンター、共用部分、備品を殺菌剤により頻繁に清拭
  • レントゲン・CT室では患者様一人検査毎にその都度殺菌剤で清拭
  • スタッフ着用の医療用マスクやスタッフしか接触しない共用部分はEtak抗菌化スプレーにて持続抗菌
  • スタッフ同士の会話時もマスク着用、全員毎日午前と午後の就業前に検温

院内の各所に強力な排気口を増設いたしました。

感染対策待合室、診察室、肺機能検査室、点滴室 には、強力な排気口を設置し、飛沫感染リスクを最大限低減しています。
詳細は施設案内を参照ください。

コメントは停止中です。