在宅どうしよう会にて 「在宅医療に役立つ呼吸器疾患の実践的知識 ~診断から治療まで~」 の講演を行いました。

2015年1月22日、在宅診療についての知識と技術を深めるための研修会(在宅どうしよう会:於医師会館4F)にて「在宅医療に役立つ呼吸器疾患の実践的知識 ~診断から治療まで~」の講演を行いました。
100名以上の参加者(医師、看護師、介護士、理学療法士、作業療法士、ケアマネージャなど)があり盛会でした。会の名称のとおり在宅医療に携わる様々な方々が聴講されるので、在宅医療にすぐにでも役立つ技術と知識を紹介しました。

  1. 聴診技術
  2. オキシメータの扱い方の注意点、
  3. 慢性呼吸不全の患者の急性増悪時の対応(アクションプラン)、などです。

皆様の技術が向上し、よりよい在宅医療が提供される一助になれば幸いです。

2015年2月3日 中国新聞朝刊より

2015.2.3chugoku-shinbun

コメントは受け付けていません。